台風から得たもの

台風が過ぎ、身近には大きな被害もなくほっとしています。
不安もありましたが、今回の経験からはたくさんの得るものがありました。

●台風の風の音で目が覚める
いつもより早めに就寝して、『寝ている間に過ぎていればいいな・・・』など思っていたのですが
深夜に風の音で目が覚めました。
電気が点いていることに安心し、念のためテレビで台風情報を確認。
再び布団へ戻ろうとしたときに停電・・・
数回点灯したものの、結果停電が続きました。
事前情報から、停電は想定していたので『仕方ない。寝よう』と割り切れました。
壁に手が触れたとき、自然に『お家さん、護ってくれてありがとう』と言葉が出ました。

●暗い中ムスコが目を覚ます
深夜には熟睡していたムスコが、夜明け前に目を覚ましました。
ムクリと起きて、わたしに抱きついてきます。
『停電して暗いよ。懐中電灯があるから、トイレの時は言ってね』
と言うと、
『真っ暗。少し怖い』
と眠れない様子。
結局眠れないまま過ごしました。
少し明るくなると興奮したのかリビングをうろうろ・・・。
ランタン型の懐中電灯を持って探検気分だったようです。
風の音が少し治まった頃に再び就寝。
9時近くまで熟睡でした。

●台風と停電から得たもの
遅い朝食を食べながら、『起きたら真っ暗で怖かった』とムスコ。
『台風の力を体験したね。電気が点くのありがたいね』とわたし。
夫とも『なんかキャンプっぽいよね』と言いながら作り置きのおにぎりを食べました。
11時ごろに電気が回復し、親子で『やったー!!』と喜びながら電力会社の方の
ご尽力に感謝しました。

どんなに文明が発展しても大自然には敵わない。
大切なのは、どう対処していくか。
与えられた環境に感謝できるか。
尽力してくださる人へ感謝できるか。
家族が無事に過ごせたことに感謝できるか。
心配してくださる人に感謝できるか。
日常がいかにありがたいか。
子どもに伝えていく大切さ・・
いろんなことに改めて気付きました。
特に、子どもが自身の体験として得たものは大きかったようです。
災害時には通常とおりの生活ができない。
当たり前かもしれませんが、それを知っておくのは大切なこと。
今度は日常の中で災害への備えを見直そうと思います。

Related Posts

Blog

父子の新しいコミュニケーション
2020年9月28日
9月のM-cafe開催しました
2020年9月27日
県民講師基本とスキルアップ講座Vol.03
2020年9月25日
片づけまつり開催しました
2020年9月25日
完璧でなくていいことに気付いた話
2020年9月24日

カテゴリー

Archive