苦手意識を手放して挑戦する

『これは苦手だからやらない』
そうやって手を出さずにきたことが多々あります。
けれど、最近その気持ちを手放して挑戦することが増えてきました。

●苦手だけど、できたらいいなと思っていたこと
・英会話
・文章で自分の考えを表現する
この2つは、『できたらいいな』と思いつつ、苦手だからやらなかったことです。
できなくても今の生活には支障がない。
今は、『苦手だけどできるようになりたい』と思い始めました。
この変化はどこからきたのか?を分解してみました。

●なぜ『苦手』としてきたのかを分解する
・上手にできないことが恥ずかしい
・誰かに否定されるのが怖い
・能力の無さを自覚するのが怖い
・無知な自分を晒すのが恥ずかしい・・・
なんだか人の目ばかり気にしている様子。
自信がなくて枠から出られないわたしが見えてきます。

●できないわたしにも〇をつける
できないことに×をつけていたわたし。
自分以外の誰かに〇をつけて欲しかったわたし。
他人の評価で自分を評価していました。
でも、いろんな学びをとおして自分が自分を認める大切さを知りました。
他人ではなくわたしがわたしを評価する。
できないわたしにも〇をつける。
・上手にできなくていい
・自分の気持ちに素直でいたい
・これからできるようになればいい
・挑戦する自分を応援する
できないことではなく、やりたいことに変化しました。

●チャンスにはとりあえず手を挙げる
できないわたしに〇をつけるようにしたら、これができるようになりました。
『挑戦させてください』が言えるようになったのです。
すると、『大丈夫、フォローするから』と応援してもらえることが増えました。
「できるかできないか」ではなく、「やるかやらないか」。
やってみて知ることは大きいと思います。

そんなこんなで、ブログ毎日更新が20日を超えていました。
これもわたしの挑戦のひとつです。

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

Related Posts

Blog

片づけ作業アシスタントのレポートと決意
2020年9月30日
父子の新しいコミュニケーション
2020年9月28日
9月のM-cafe開催しました
2020年9月27日
県民講師基本とスキルアップ講座Vol.03
2020年9月25日
片づけまつり開催しました
2020年9月25日

カテゴリー

Archive