親と子の価値観の違いに改めて気付く

たかが買い物、されど買い物。
ムスコとの買い物は彼の興味を引くものとセットにする必要があるというお話です。

●新しい服を買いに行くのにテンション上がらないムスコ
急に肌寒くなり、ムスコの長袖の服のサイズアウトを思い出しました。
春までは「ギリギリ」着ていた服もさらに小さくなっているはず。
母「寒くなってきたから、君の服を買いに行こう」
声を掛けました。
ムスコ「えぇ?面倒くさい・・・」
そう。服はムスコにとって興味がない買い物。
かといって、母の買ってきたものを素直に着る男ではない。
ここで交渉スタート。
母「今日はお墓参りに行って、服を買う前にどこかでお昼を食べよう」
ムスコ「お墓参り、どこの?」
母「うちのだよ。いつも本堂でお煎餅いただくでしょう?」
ムスコ「わかった」
うちのムスコはお寺のお茶菓子でいただくお煎餅が好き。
お墓参りにはいつもついて来ます。
ムスコ「お昼はなに食べるの?」
母「決めてない。何食べたい?」
そんな話をしながら、出発しました。

●好きなものがなければ買わない男
なんとかユニクロへ到着。
オンラインストアで見た長袖Tシャツに目星をつけて・・・だったのに「ない」!
再度オンラインストアを確認すると、”一部店舗商品”になっている・・・
母「ごめん、あの服ここにはないみたい。他のにする?」
ムスコ「なら、要らない」
母「・・・。じゃ、パジャマは買おう。好きなのある?」
ムスコ「ここにはない。要らない」
母「・・・。わかった。他に行こう」
こうなるのはわかっていたので、細かいことは言わずに移動しました。
結局他で見つけた恐竜柄のパジャマを選んだのですが、当初の目的の服は買えず。
日を改めることにしました。

●以前はイライラしていたパターンだけど
こんなやりとり、以前ならイライラして「これでいいじゃん!」ってなっていました。
でも、着るのはムスコ。
彼が快適でなければ意味がないなと思うようになったのです。
自分だって気に入らない服を仕方なく着るのは嫌ですからね。
全てがサイズアウトしているわけではない。
好きなものが見つかれば買おう。
ムスコと2人の休日。イライラしたらもったいない。
もちろん、このパターンでイライラするときもあるけれどちょっと一呼吸。
「今日のお出かけを楽しくしたい。」
ここにフォーカスできたので、今日は平穏に帰宅できました。

服を買うのにワクワクする母と基本面倒くさいムスコ。
同じことにも価値観の違いを改めて感じる一日でした。

読んでいただいてありがとうございます。

Related Posts

Blog

なぜわが家が散らかるのか
2020年10月15日
県民講師基本とスキルアップ講座 Vol.04
2020年10月10日
しないことを決める
2020年10月9日
目の前のことに全力を尽くす
2020年10月5日
小さな片づけサポート体験 モニター様を募集します
2020年10月4日

カテゴリー

Archive